Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

般若の独り言~仏教徒の矜持

仏教徒は怒らない、怒ってはならない・・・って本当でしょうか?

まず、聖者なら、あまり怒らないだろう、という事は想像が付きます。

悟りを得た聖者は、身体・物質は、素粒子でできていて、それは無常・苦・無我であり、心の働きもまた無常・苦・無我であり、かつそれは縁と因によって生起する事から、己自身を含む、認知、認識の対象や現象に対して怒っても、無意味である事を知っていますから。

しかし、ゴータマ仏陀だって怒る・・・正確には不愉快に感じる・・・事はあった様です。

菩提樹の下で修行され、証悟を得た後初めて、母国、故郷のカビラバットゥに帰った時(凱旋でしょうか?)、

「なに、あの若造が戻ってきたのか?」

と言って、彼を馬鹿にして、母国の人々は、誰一人迎えに出ない、という事が起こりました。

ゴータマ仏陀は、これは仏陀に対する正しい態度ではない、と思い、双神変を示し見せた所、母国の人々は恐れ入って、総出で出迎えたそうです。なお、双神変とは、足から火を、手から水を、同時に吹き出す所の、仏陀にしかできない神通の事です。

間違ったプライド、過度なプライドは、己自身も、他者をも傷つけますが、我々仏教徒は、仏教徒としての矜持はあるはずで、それは保たねばならない。

聖者の矜持、仏教徒の矜持・・・それは、仏の顔も三度まで、または高度な神通となって示される、というわけです。

<緬甸パオ森林僧院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay般若精舎>