Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

般若の独り言~「摂阿毘達摩義論表解」(簡略版)-1

下記は、台湾嘉義法雨道場出版の「摂阿毘達摩義論表解」(簡略版)の表紙です。

明日より以降、<89心明細表>等の、アビダンマの内容をUPしますが、ゴータマ仏陀の教えは決して《信じるものではない》事が、お分かり頂けるでしょう。

仏陀のダンマは、よき善知識に随い、よく学び、深い洞察力を以て理解し、勇猛果敢に精進し、己自身の内に悟りの智慧、すなわち、般若の智慧を体現するもの、<自内証>するものです。

尚、表紙にあります<明法比丘>は、台湾において初めて原始仏教を導入し、原点回帰・・・原始仏教への回帰と推進を掲げて法雨道場を設立した先駆者でありますが、心臓の病で急逝されたため、現在は、明覚尊者が住職を務められています。明覚尊者のご子息の明徳尊者は、メイミョウにおいて、パオ・セヤドーの元、修行の身であります。

f:id:wong0110:20200302120647j:plain

 <緬甸パオ森林僧院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay般若精舎>