Sayalay's Dhamma book

仏教書の翻訳は2019年夏をもちまして一旦終了しましたが、2020年発生しましたコロナ禍により、修行者独習に供する為、『親知実見』を翻訳しています。過去に訳出した23冊は<菩提樹文庫>にて閲覧できます。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

翻訳『親知実見』#27-7

苦聖諦とはすなわち、五取蘊の事であり、苦集聖諦とはすなわち、縁起であり、この二者は、合わせて諸行の法(saṅkhāra)と言い、それらは観智の所縁である。

異なる観智の段階において、あなたは、これらの行法を無常(anicca)・苦(dukkha)・無我(anatta)として観照しなければならない。

それらを了知する事も、通達する事もないならば、あなたは、如何にしてそれらを無常として観照するのか?

こういう事であるが故に、我々は、vipassanā について、系統的に指導する必要があるのである。

究極色法、すなわち、色取蘊を知見する為に、あなたは、四界差別を、物質現象は皆「色聚」

(rūpa-kalāpa)の微細な粒子によって構成されている事を見ることができるまで、修習しなければならない。

あなたは、それら微細な粒子の中の四界<注119>を見る事ができなければならないし、また、六処及びそれぞれの所縁<注120>もまた見なければならない。

この様な方式で色法を識別しないのであれば、あなたは、名法、すなわち、四種類の名取蘊を識別する事は出来ない。

故に、我々は、順序を踏み、段階に応じて、vipassanā を教導するのである

<翻訳文責:緬甸パオ森林僧院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay般若精舎>