wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

パオ・セヤドー講述「菩提資糧」(翻訳文)-106

インダカは、スプーン一杯の食事をお布施しただけだが、

受者が阿羅漢であったため、その善業は非常に大きく、

また聖なる清らかさがあった。

彼は上級の天神であったため、座席を譲る必要はなかった。

それに引きかえ、アンクラは、非常に長期に亘って大量の布施を

したが、しかし、受者が皆一般の普通の人であった。

故に、彼の得た福報は、上級のものではなかった。

そのため、上級の天神が来るたびに、彼は席を譲って後ろに

下がらなければならなかった。

このことから、パーリ文経典の中に一つの訓戒がある:

”viceyya dānaṁ databbaṁ yathā dinnaṁ mahāpphalaṁ” 

その意味はすなわち、布施をする時は、最大の福報を齎す人を

選んで受者とせよ。

(つづく)

(<パオ・セヤドー講述「菩提資糧」>(1999年版)

中国語版→日本語 翻訳文責Pañña-adhika sayalay)