wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

パオ・セヤドー講述「菩提資糧」(翻訳文)-124

次に、我々は、下記のように省察して、不断に、忍辱を

育成しなければならない:

「もしも、平静と安寧を齎す忍辱を、しっかりと握りしめて

おかないならば、衆生は、自分自身を傷つける悪業を追い求め

ことになり、その後果は、彼らが今生で、また来世で、

苦を受けなければならないことになるのだ。」

「私は実際に、他人からの虐めに遭っており、また苦しみを

受けているが、根本的な原因は私自身にある。というのも、

苦は私の身体を田として、他人の行為を種としているからである。」

「私の忍辱は、苦の債務を返済する方法である。」

「誰も悪事を働かないならば、私はどのようにして、忍辱波羅蜜

を修するのか?」

「この人は、今、私をいじめているけれども、過去においては私を

恵み、利益してくれたことがある。」

「彼の悪行は、私が忍辱を修習する因であり、故にそれは、

私にとって、有益である。」

衆生は、私が自ら生んだ子供達のようであり、智者は、

間違いを起こした自分の子どもに、腹を立てるだろうか?」

「彼が、私を侮辱し虐めるのは、憤怒の魔に制御されている

からであり、私は、この悪魔を退治するのを、手伝って

あげたい。」

「私もまた、この苦痛を齎す、悪行の原因の一つである。」

「名色法が悪をなしている、名色法が侮辱されている、

この二組の名色法は、この瞬間に消滅する;それならば、

誰が誰に怒っているのか?(+それが分かれば)瞋恚と

怨恨の心は、生じるはずがない。」

「究竟法は皆、無我(=主宰者はいない事)である。

悪をなす者はいないし、虐められる者もいない。」

もしも、長きに亘る習気のために、虐めによって生起した

怒りの気持ちが、継続してその人をコントロールするならば、

菩薩道を修すると発心した者は、以下のように省察

なければならない。

「忍辱は、徳を持って、怨恨に報える因である。」

「私に苦痛を齎す屈辱と虐めは、私に信心を惹起させる要素

である。というのも、それは信心の親依止縁であり、

世間の苦しみと不円満を感受する要素である。」

「目などの五根は、各種の、異なる目標・・・良いもの悪い

ものを含め・・・に出会うのは自然なことである。喜ばし

事柄にだけ、出会おうとする事は、不可能である。」

「瞋恚と怨恨の命令に従って、彼は已に、憤怒によって

精神が狂乱している。このような人間に報復して、

何の意味があるだろうか?」

仏陀衆生を、自分が自ら生んだ子供のように

思っている。故に、菩薩道を修する私は、彼らが原因で

失望したり、怒ったりしてはいけない。」

「もし、私を虐待する人が、聖潔なる戒行などの美徳を

具備する人であるならば、私はこのように省察しなければ

ならない:

『私は徳行の有る人に怒ってはならない』と。」

「もし、私を虐待する人が、聖潔なる戒行などの美徳を

具備しない人であるならば、私はこのように省察しなければ

ならない:

『私はあなたに、大悲心で対応しよう』と。」

(+ )(= )訳者。(つづく)

訳者コメント:下線は訳者が引きました。これって、

ラマナ・マハルシ(非一元論者、アドヴァイタ)の

言っている事と同じ?ゴエンカ師はマハルシを高く

評価していますが、では、仏教ヒンズー教は、

何が違って、何が同じなのか?

ちょっと混乱するこの頃です。

(<パオ・セヤドー講述「菩提資糧」>(1999年版)

中国語版→日本語 翻訳文責Pañña-adhika sayalay)