wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

「南伝仏教キホンのキ」(翻訳文)3-15

我々の目が喜ばしくない対象を見る時、たとえば、醜い人、嫌な人等々、その時、嫌悪の感受(苦受)が生起し、対象を良くないもの、悪いものとして認識し、次に内心に排斥、反感が生まれる。

もし、この排斥の心理が更に強化されると、苛立ち、怒りが生まれるが、最悪の場合は、粗暴な方法でもって対象に対応しようとする。

この種の心理を、瞋という。

同様に、我々は他人からの批判を聞き、臭いにおいを嗅ぎ、まずい食べ物を食べる時、天候が熱くて耐え難い時など、瞋恚は非常に生起しやすい。

しかしながら、貪欲しかり、瞋恚しかり、そこには痴が含まれている。

痴とは無知のことで、理解しないこと、物事を理解しないこと、心身を理解しないこと、世間の実相を理解しないことを意味する。

痴と貪があるとき、瞋が発生する。

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。(3-16につづく)

★誤字脱字を発見された方は、<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

<無憂比丘著「南伝仏教キホンのキ」中国語→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>