wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書(主にテーラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言<是誰庵のひとやすみ>。

パオ・セヤドー講述「顕正法蔵」(翻訳文)5-60

    <Idaṃ me puññaṃ nibbānassa paccayo hotu>

捨離随念を通して、たとえば、自分自身お腹がすいている時に、美味しい食べ物を、梵行の友人に布施したことなどを省察する時、喜覚支は生起する。

自分自身には、衆生が天神になることを可能にさせる信、戒、善行、究極法とその因に関する聖典への博学、捨、智慧などの品徳を擁することを省察する時、喜覚支は生起する。

もし人が、以下のように寂止を省察する時、喜覚支は生起する:

「高等なる成就によって、鎮伏した煩悩は、60 年の間、または 70 年の間、生起することはない。」

粗野な人間から遠く離れる人には、喜覚支が生じる。

粗野な人間とは、(+心が)腐敗しており、粗野で、仏塔、菩提樹と、諸々の長老を敬わない人である。

というのも、彼らは、仏陀などにたいして、信心も敬愛心もなく、まるでラバの背中についた泥の様である。

仏陀などに対する信心を(+心に)充満させ、内心が柔和で、他人を大切にする心を充満させている人は、同じく喜覚支は生起する。

信心を激発することのできる経文、すなわち、三宝の特質を顕示する事の出来る経文を省察することも、喜覚支を生起させることができる。

行、住(=立ち止まる事)、座、臥の一切の姿勢と動作において、心をして、喜覚支を励起することができる人において、喜覚支は生起する。

上記の如くに、これらの方法を用いて、これらの法を励起せしめ、彼は択法、精進と喜という、この三種類の覚支を育成する。

以上が、人が、精進するべき時に、どのようにして、心をして精進せしめるのか、という(+説明である)。

(5-61につづく)

    <Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ

★誤字脱字を発見された方は、<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

<パオ・セヤドー「顕正法蔵」2008年中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>