wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

☆「掌中の葉」(翻訳文)3-4

    <Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu>

(一)彼は、親身で、まじめで、尊敬できる人である

あなたとこの先生は、非常に強い因と縁がある必要がある(業の繋がり)。

通常、非常に強い業の因と縁の繋がりにより、あなたは、あなたの先生に対して、真心を持って、彼を敬愛することができる、と感じるであろう。

それだけではなく、通常、あなた方には、共通の好みの領域があったりする。

たとえば、あなたが智力の強い傾向のある人だとしたら、あなたは当然、あなたの先生が科学的な研究・資料を用いて、あなたに(+仏法を)教える事に、喜びを感じるであろう。

もし、あなたが持戒と徳行の人であれば、戒律に精通した人が、あなたの教師として相応しいであろう。

(二)話す言葉が温和な人

彼は必ず、あなたに対して、慈愛と憐憫の心を持っているに違いない。彼があなたに対して、慈愛と憐憫の心を持つとき、彼はあなたに対して、飽くことなく教え導くであろう。

通常、良い修行者は、独居生活を好むものだが、しかし、学生の利益のために、彼はしばらくの間、己自身の好みを放棄し、あなたを教え導く。

(三)奥深い論談のできる人

彼は、非常に智慧のある人である。

すべての説話は、深い思惟と、十分で本物の体験と悟りに基づいていて、本に書かれた事柄を、曖昧なまま、いい加減に説明する、という事はない。

(四)何の理由もないまま、あなたを急かせたりしない

彼はあなたより知っていることが多い。証悟した境地もあなたより高い。

故に、彼があなたを急かせるとしたらば、それは、あなたの修行における境地が向上するようにという見地から、である。

(五)彼は心から人を利益したいと考え、人が進歩することに、重きを置いている

あなたが修行上において、進歩があったとみられると、彼は非常に喜ぶであろう。

ちょうど、人の親が、己の子女が人類に貢献できる人間になって欲しいと願って、一生苦労しても、養育し、また教育するが如くに。

同様に、良い教師が最も心にかけるのは、学生の禅の修行上の利益と成就であり、彼個人の利益、名誉や栄誉のためでは、決してない。

彼は心底、あなたの修行を気にかけ、あなたが「いつ」「どのように」涅槃を証悟できるかを、気にかけている。

彼の心はただ、どのようにすれば、あなたに、涅槃を証悟するための支援ができるか、ということだけに関心がある。

◆結論:

(一)初心の修行について言えば、最も良いのは、非常に善い先生について、止禅と観禅の要点を学ぶことである。

(二)善い先生(善友)は、以下特徴を具備している:

1、彼は、親身で、まじめで、尊敬できる人である。

2、彼は話をする時温和である。

3、彼は奥深い理論を論談することができる。

4、彼は理由もなく、あなたを急かしたりしない。

5、彼は真心から、人を利益したいと考えており、人が進歩する事に重きを置いている。

(3-5につづく)

    <Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ

★誤字脱字を発見された方は、<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

<「掌中の葉」(シッダッタ学院)中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>