Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。

「身念処」1-14

    <Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

a)の例では、経典には、怒ってはいけない、と書いてある。仏陀は、我々に、瞋恚と恨みを止めるように、教えている。

仏陀は言う:「己自身の心を傷つけてはいけない」。

というのも、瞋恚や恨みは、己自身を傷つけるのであって、他人を傷つけるのではないが故に。

b)の例では、たとえば、戒・律を保つとか、禅定の修習をするとか、である。

c)に関しては、仏陀は、涅槃に到達する方法を教えているーー涅槃の楽は、二度と、苦に変る事がなく、世間の楽のような、苦楽が相半ば、混じり合うというような事がない。

ここにおいて、我々は、涅槃は、苦を滅する事ができる、とだけ述べているが、真正なる苦は、五蘊または心・身(名・色)である。

最後の五蘊が完全に尽滅した時、その時初めて、涅槃(般涅槃)に到達する事ができる。

それはたとえば、仏陀と、仏陀ご在世の頃の徹底覚醒者である阿羅漢は、二度と再び生まれる事はなく、苦痛を生じさせる事がない、というものである。

では、仏陀の教えた、苦を滅する方法とは何であるか?

(1-15につづく)

    <Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<原題「身念処」Vipassana Bhavana 第二版 アチャン・ネン著 

中国語版→日本語訳出 翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>