wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書(主にテーラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言<是誰庵のひとやすみ>。

「身念処」1-30

    <Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu>

1-3-4 五根(図1-1)

(四念処に用いる場合)

1)信根(信心・確信、信仰・信頼によるコントロール能力):

この段階において、心の力は強くなり、(+修行を)嫌になったり、厭きたりしない。

修行者は、四念処が、真正に、苦を滅する道である事を、深く信じる。

2)進根(精神のコントロール能力):

精進が、心を主宰している状態であり、(+修行者は)修行を怠けない。

3)念根(念住のコントロール能力):

念住は、非常に強くなる。

しかし、座っている姿勢・色身を忘れない事(+が大事である)。

4)定根(専注のコントロール能力と、座っている色身の認知):

四念処の修法において、心が<今・ここ>に安住できる事。

5)慧根(智慧のコントロール能力):

無明を取り除き、心をして、座っている色身の姿勢全体を、認識せしめる。

(1-30につづく)

    <Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<原題「身念処」Vipassana Bhavana 第二版 アチャン・ネン著 

中国語版→日本語訳出 翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>