Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

パオ森林僧院の現状

11月2日よりこのかた、日本(主に東京)では、パオ森林僧院を最後の修行地として帰国された、マハーカルナー禅師の重大戒律違反問題(11月15日現在、真偽不明)で、揺れています。

ただ、揺れていると言っても、日本全体からみれば、

コップの中の嵐>でありますから、騒げば騒ぐほど、市井の民、誠実な仏教徒から嫌悪される事を、関係者は胸に銘じておきましょう。

パオ森林僧院の本山は、緬甸(ミャンマー)の西部モーラミャイン、パオ村にあります。

先代の住職が、パオ・セヤドー(ウ・アチンナ)の資質を見込まれて、僧院の後継者として迎え入れたそうです。

パオ・セヤドーはそれ以前には、森林に一人籠り、清浄道論に基づき修行して、現代において抜け落ちてしまった修行方法の欠け口を見つけ、それを繋ぐことに成功し、いわゆるパオ・メソッドを考案されました(ただし、御本人は、パオ・メソッドと呼ばれるのを嫌い、自分はただ、古の修行方法を復元しただけだ、とおっしゃっています)

今、緬甸中部のメミョウにおいて、パオ・セヤドーは、1万人が学び、修行できる、仏教大学と修行道場を建設中です。

タイの仏教大学では、パオ・セヤドーの著書・論文が正式に受理され、名誉教授のような地位を得たとの事です(伝聞です)。

これまで、タイは自国の修行方法を誇り、緬甸もまた自国の修行方法を誇っていましたが、今後は、タイと緬甸のサンガが手を取り合って、修行方法のメニューを色々揃え、修行者は、己の興味とレベルに合わせて、修行方法を選べるようになるのではないか、と思っています。

今回の戒律違反疑惑による混乱は、雨降って地固まると言いますか、仏教とは何か、修行者はどうあるべきか、一人ひとりが自分の胸に問う、よい機会だと思います。

仏法は自然法(自然の真理)です。

それはいつも、我々と共にあります。

    <緬甸パオ森林寺院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay>