Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

是誰庵のひとやすみ~仏教徒は謙虚であれ

昨日のブログ「nimittaは万能か?」でも書きましたが、

仏教徒は特に謙虚でなければなりません。

修行が進んでいる人は、尚更に。

パオ・メソッドで修行が進んでいる人は、己の過去世が分かっています。過去には人であった事も、動物であった事もあるでしょう。地獄の住人であった事はありませんか?

過去世において、色々な有情を演じ続けて来たという事、それは他の人にも言える事で、この点(過去にお恥ずかしい歴史を持っている~笑)においては、有情は皆、平等なのです。

また、修行が進むと、己の刹那・刹那の感情の動きが、鮮明に見えてきます。

24時間、心が清らかで居続けるというのは、阿羅漢以外は、無理です。阿羅漢でなければ、時にはよい事を思い、時には悪い事を考えます。

仏陀の教え通り修行に勤しむ仏教徒なら、「これは私の感情」「これは私の思い」「これは私の考え」という風に執着することなく、己の思い、感情の生じては滅する様を、ただ見ている事ができるようになりますが、業に振り回されているという意味では、仏教徒もそうでない人々も、五十歩百歩です。

他者を憐憫こそすれ、馬鹿にしてはいけないのです。

他人を哂う者は、自分を哂っているのだという道理をよく理解して、仏教徒、否、仏教徒だからこそ、謙虚であるべきだと、私は思っています。

         <緬甸パオ森林寺院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay>