Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。                    2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得る。 2018年8月10日の翻訳をもって翻訳ワークは終了しました。                     コメント欄は利用OKですが、リトリートに入っている時は回答しません。。

★飛び入り翻訳~『24縁発趣論』7-1

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

7、相互縁(Aññamaññapaccayo)

相互縁においては、一つひとつの縁法が、縁生法を支援していると同時に、同様の方式において、後者の支援を受けて、縁生法となりえるものがある。

これはちょうど三脚のようで、一つひとつの脚は、お互いを支え合っていて、その結果、三脚は立っていられる、という訳である;

それはちょうど、僧侶たちと在家衆の、相互に支え合う関係と同じである。

一、名と名(心と心所)

心が生起しない時、心所も生起しない;

心所が生起しない時、心もまた生起しない。

それらは相互に支え合うが、これを相互縁と言う。

二、色と色(四大)

地・水・火・風は同時に生起し、相互に支え合う。

地は水・火・風を支えるが、地は水・火・風の立脚点である。

水は、凝集する作用でもって、その他の三大を支え、火は、維持する力を通して、その他の三大を支え、風は、支持・維持する(=身体が倒れないように支える等)力でもって、その他の三大を支えている。

四大は、お互いに助け合い、支え合い、共同で作用する。

三、名と色

結生識は、我々が出生する時の、第一番目の心識である。一つひとつの心は、一個の住処が必要である。例えば、家は、我々の住処であるように、心もまた、住処――心所依処を必要とする。

アビダンマでは、合計89種の心があると言う。

五個の根識(眼識、耳識、鼻識、舌識と身識)以外の、その他の心の住処は、心所依処である。

心所依処は、心臓の血液の中に位置している。

唯一、無色界の有情だけは、色法がない為、心所依処もない。

結生の時、心と心所は相互に支え合う為、相互縁と言う:同時に俱生する為、俱生縁とも言う。

(8-1につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<『24縁発趣論』スシラ・サヤレー著 中国語版→日本語訳出 

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>