Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。                    2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得る。 2018年8月10日の翻訳をもって翻訳ワークは終了しました。                     コメント欄は利用OKですが、リトリートに入っている時は回答しません。。

★飛び入り翻訳~『24縁発趣論』8-3

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

■人類と大地の相互依止

我々は、この大地において生活しているが、やはり相互に依止(=依存)しているのである。

我々は、大地に依って生産された農作物に依存して生活しており、大地はまた、我々の大地への維持・保護活動によって、存在している。

もし、我々がこの大地を破壊し続け、最終的に、この大地が壊滅したならば、我々は、大地と共に滅亡するであろう。

仏教によると、もし、衆生の貪・瞋・痴がますます強くなるならば、大地全体は、よくない磁場の影響を受ける事になるが、それは天空の星々、太陽系の位置・位相なども含まれる。

我々が発散する所の、たとえば、貪・瞋・痴による邪気は、宇宙全体を破壊しているのである;

もし、(+我々が発するのが)不貪・不瞋・不痴の正気であるならば、我々は、宇宙のバランスを保っている事になる。

しかし、不幸な事に、現時点での衆生は、貪・瞋・痴が強く、無貪・無瞋・無痴が弱い。

その為、宇宙全体はすでに破壊されて、気息奄々の状態なのである。

我々は、以下の事を理解しなければならない。

己自身の健康の為に、宇宙全体の天災と人的被害を避けるために、我々は必ずや大いに、無貪・無瞋・無痴の善心を、育成しなければならない。

これは、道家の主張する正気、邪気と、同じ事である。

ただ仏教では「気」という文字を使わないだけなのである

(8-4につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<『24縁発趣論』スシラ・サヤレー著 中国語版→日本語訳出 

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>