Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

般若の独り言~翻訳の順番

『24縁発趣論』があまりに面白いので、ついそちらの方ばかり翻訳しています。

テーラワーダ仏教在家居士帰依戒律ハンドブック」に関心がある方、すみません(苦笑)。

『24縁発趣論』は合計200ページで、現在100ページ目、半分まできました。このまま、一気に翻訳してしまいたいと思っています(一気と言っても、一か月くらいかかるかと思います)。

その後、「テーラワーダ仏教在家居士帰依戒律ハンドブック」(残りの部分)とパオ・セヤドー著「顕正法蔵」(同)を翻訳します(その後に『阿羅漢向、阿羅漢果』『Vipassanaハンドブック』が続きます)。

「発趣論」は長年、読みたい、読みたいと、夢にまで見ていましたが、入手方法が分かりませんでした(南伝のアビダルマ7論、大乗の俱舎論、大智度論など、その関係性がよく分からない...^^;)。

まぁ、己の無知はともかく、こうやって『24縁発趣論』が翻訳出来て幸せ。分かりやすい解説書を書いて下さったスシラ・サヤレーに感謝です。

 

   <緬甸パオ森林寺院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay 般若精舎>