Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

老婆の独り言~半農半X(コロナに思う)

下の写真、右は<ウド>、左は<みょうが(の新芽)>。

両方とも、精舎の庭または隣接する空き地で取れます。

精舎の庭は、地質が合うのか、<野三つ葉>が取り放題。三つ葉と白いご飯だけで生きていければ、働かなくてもすむのだけれど(そうもいかない~笑)。

f:id:wong0110:20161130004438j:plain

新型コロナで、マスクをつけて、満員電車に乗って出勤することが、人々のリスクとなりました。

地方都市に住んで、一日5,6時間仕事(会社勤め?テレワーク?)をして、残りの時間は農業、お米や野菜を作る。勿論、朝夕、座禅・瞑想する。

そんな生活は、心に余裕を齎してくれるのではないかと、前から思っていました。

私は、フリーの中国語通訳を50歳で引退し、現在はテーラワーダのサヤレー(尼僧)として、特に仕事にはついておりませんが、在家なら上の様な生活が理想です。

<緬甸パオ森林僧院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay般若精舎>