wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

☆「掌中の葉」(翻訳文)1-8

第一章 定

定の基礎

住戒有慧人、修習心与慧、

有勤智比丘、彼当解此結。

《清浄道論、第一章・第一段》

今、我々は、一本の正道の上を、歩き始めようとしているーーそれは、心内の静けさと安らぎの道であり、すなわち、一般的に言われている所の「定」である。

仏法の修行とその学習において、我々はこれを、「心清浄」の道である、と言う。

この道は、ただ「戒に住む」または「戒に足場を置く」人間だけが、歩むことができる。

どうしてか?

というのは、戒に足場を置く人間だけが、心に愧なく、いられるからである。

ただ、清らかで愧のない心を有する人間だけが、順調に定力を育成することが、できるのである。

故に、我々がもし、真剣に定力を育成したいと思うのであれば、己自身の戒行を、強固に打ち固めなければならない。

では「戒」とは何か?

簡単に言えば以下のようになる:

不作諸悪、実践善行、

清浄自心、是諸仏教

《法句経・第183偈》

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。(1-9につづく)

★誤字脱字を発見された方は、<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

<「掌中の葉」(シッダッタ学院)中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>