wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書(主にテーラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言<是誰庵のひとやすみ>。

パオ・セヤドー弘法記念「顕正法蔵」5-114

    <Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu>

両支の捨離:

両支の捨離とは、尋と伺の捨離である事を、知っておかねばならない。

五蓋は、初禅の近行定において、すでに捨離されてはいるが、このジャーナ(第二禅)に関して言えば、尋と伺は、その近行定において、捨離されてはいない。

唯一、真正なる安止の時にのみ、当該のジャーナは、それらを伴わないままに、生起する。

故にそれらを「捨離支」と呼ぶ。

三支の具備:

それが具備する三支とは、喜・楽と一境性であって、具備するとは、この三者の生起の事であることを知っておかねばならない。

故に、《分別論》がジャーナを「信、喜、楽、一境性」であると言う時、これは隠喩的な言い方であって、当該のジャーナと、その構成要素を示しているのだ、と言うことである。

しかしながら、このジャーナには、信以外に、照明の相(=明るく照らす相)、または目標を徹底的に見る事のできる、三個の禅支が具備されている。

故に:

「その時、ジャーナに具備されるのは、どの三支か?それは喜・楽・一境性である」(《分別論》)と、いわれるのである。

(5-115につづく)

    <Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<パオ・セヤドー「顕正法蔵」2008年中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>