Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

『阿羅漢向・阿羅漢果』2-11★

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

この時、私の心中に、予期せぬ失望が、沸き起こった。

私は思った:

”私はどうして、この法を他人に教え、指導する事ができるのか?

指導したとて、一体、どのような意義・意味があるのか?

真正なる法は、このようであるのであるから、それをどのように説明すれば、人々に分かって貰えるのだろうか?

(+余生をこのまま)過ごして、死んでいった方が良いのではないか?”

ほら!見えましたか?

私は喪失感を感じ、法を弘めようとする気力は無くなった。

これはちょうど、逃げ道を見つけたものの、己一人が逃げ切ればよいのだと考えるようなものだ。

私は、他人を指導したとて、何等の利益をも、齎すとも思えなかった。

これは、私が教え始めたばかりの時に、感じたものであった。

ただし、事はいまだ完結してはいない。

私のこの件に関する思慮は、自然発生的に発生して、かつ発展している。

世間の状況を観察すると、私は気持ちが萎える。

私は衆生が、つける薬のないままに、暗黒の中に生存しているのを見るし、彼らは愚かで、かつ無知でもあって、何等の価値もない。

仏陀は、この種の人間を”文句為最者”(paraparama)と呼んだ。

それより根器が少し良いものは、私の見たのでは、”須引導者”(neyya)と、”広演知者”(vipabcitaññu)である。

”須引導者”という、この種の人間は、法の教えを受け入れることができる。

彼らは時に進歩し、時に退歩する。

須引導者は、教えを理解する能力があり、また、実践する力ももっているが、しかし、ひとたび散漫になると、大いに退歩、堕落する。

もし、彼らが誠心誠意、修行するならば、彼らは非常に早く、進歩する事が出来る。これらは、彼らの発心の程度によるが、須引導者には、この様な、二種類の可能性が存在している。

広演知者は、不断に目標に向かって前進する。

彼らは堕落しない。

しかし、彼らの進歩は、略聞即知者(ugghaāitaññu)より遅い。

略聞即知者の直観の智慧は、それほどに鋭く、常に、決定的な突破を得られる準備をしており、彼らは、柵の前にいる牛が、柵の扉が開くやいなや、即刻、飛び出していくようなものである。

略聞即知者の、内観における智慧の能力は、一瞬にして迅速に理解して、超越する。

すべての衆生は、必然的に、この四種類の根器の一つに属する。

私が、これらの世間的本質を観察した所によると、彼らは彼ら自身の、各々の根器に基づいて、自然に、この四種類に分類される。

私が見る所、上等な根器の者は、私が教えたくないと思っている広大な衆生の中に、いる。

略聞即知者:彼らはすでに十分に、なるべく早く(+己を)度したいと思っていて、準備を完了している。

次に、広演知者であるが、彼らは非常に快速に目標に向かうことができる。

次に須引導者であるが、彼らは横になって放逸したいという思いと、修行に精進したいという思いの間で、抗っている。

あなた方は、私の論点を理解しましたか?

二つの異なった力が、彼らの心の中において、相互に争って、統治権を奪い合っている。

最後に、文句為最者であるが、この種の衆生は、外観が、人類であるに過ぎない。

彼らは、まったくもって、将来の為に、何らかの善行を蓄積する事もない。

この種の人間の死は、尊厳のない死であり、唯一の可能性は、下に向かって堕ちるだけである。

彼らは一生また一生と、一生毎に、更に堕落する。

上昇するための道は、すでに塞がれていて、彼らは如何なる福徳資糧も修したり、集めたりしていないため、下に向かって堕ちるより外ない。

この事を、よく覚えておくように!

これは私の心の内から直接流出する教えであり、あなた方は、私の事を、嘘つきだとか、法螺吹きだとか思って(+はいけない)。

(2-12につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<『阿羅漢向・阿羅漢果』 中国語版→日本語訳出 

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>