wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

パオ・セヤドー講述「顕正法蔵」(翻訳文)5-66

    <Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu>

(七)心がすでに正しい行道(進むべき道)に進んでいて、不軟弱、不動揺、不沮喪であり、かつ、禅の修行が順調に進んでいて、軽安の道に進入している時、当該の心に対して、彼は策励も、抑制もすることなく、また心をして、喜悦させることもない。

それはちょうど、馬車の御者が、順調に前に向かって走っている馬に対して、傍観し、干渉しないのと同じである。

(八)近行定または安止定に到達しておらず、かつ、心が散乱している人に近づかない、事を意味する。

(九)すでに近行定または安止定に到達した人と親しむ事。

(十)初禅またはその他のジャーナを思惟する。これらのジャーナ自体は、解脱である。

というのも、それらは、それらと対抗する法から解脱しているから。

以下のように思惟する:

「これは禅の修行である、このようにジャーナに入る、ジャーナに入る時間、定から出る時間を決意し、これはそれの不浄である、これはそれの清浄である(+と知る)。」

(十一)行(=歩く)住(=立ち止まる)、座、臥(=横になる)などの一切の姿勢と動作のうちにおいて、心をして定覚支の育成に向かわせる。  

(5-67につづく)

       <Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ

★誤字脱字を発見された方は、<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

<パオ・セヤドー「顕正法蔵」2008年中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>